CCクリームで美肌をつくる!効果的なCCクリームの使い方

CCクリームとは、塗り心地が軽く、光の反射をつかってくすみなどの悩みをカバーする化粧下地のようなものです。
このCCクリームを効果的に使うと、肌の悩みをしっかりカバーしつつもナチュラルに仕上げることができます。
そこで今回はCCクリームの効果的な使い方5ステップを紹介したいと思います。

まず1ステップ目は、洗顔後に基礎化粧品で肌にしっかりと潤いを与えます。
ここで肌をちゃんと整えておかなければ、CCクリームが上手く馴染まず化粧崩れの原因になります。
また、日焼け止め効果のないCCクリームの場合はここで日焼け止めを塗ります。

2ステップ目は、CCクリームをキレイに伸ばします。
このとき額、鼻、両頬、顎の5点にのせてから中指と薬指の二本を使い内側から外側に向かって伸ばすと、ムラなく伸ばすことができます。
ちなみに、このときにCCクリームの伸びが悪い時には、乳液を少し混ぜると伸びがよくなり肌に馴染みやすくなります。

3ステップ目は、シミや赤みなど気になる部分にCCクリームを重ね付けします。
重ね付けすることで、気になる部分をしっかりとカバーしてくれます。

4ステップ目は、スポンジを使って肌にしっかり馴染ませます。
仕上げにスポンジを使うことで余分な油分をとることもでき、しっかりと肌に馴染み化粧崩れしにくくなります。

最後に5ステップ目は、パウダーもしくはリキッドのファンデーションを塗り、リキッドファンデーションの場合は、さらにフェイスパウダーで仕上げます。
ナチュラルなメイクにしたいときは、CCクリームの後にフェイスパウダーで仕上げましょう。

これがCCクリームを効果的に使うための5ステップですが、各メーカーによって使用方法や効果が異なるので、商品説明にちゃんと従いましょう。
このようにCCクリームを効果的に使って、ナチュラルな美肌を手に入れましょう!

表情ジワを目立たなくするメイク方法をご紹介します

表情ジワは、目尻や眉間など、表情の癖と表情筋の衰えによって真皮に現れるシワのことです。
真皮層に含まれるコラーゲンとエラスチンの量は、加齢によって減少するため、表情を元に戻しても、シワがそのまま残ってしまいます。


表情ジワがあると、通常のメイク方法では、よれてしまうなどして、化粧のりが悪くなってしまうものです。
そこで今回は、表情ジワを目立たなくするメイク方法をご紹介します。

makeuptime


シワを隠すために、ついついファンデーションを重ねて塗ってしまう人も多いかもしれません。
ですが、厚塗りのメイクは、時間の経過とともに、ファンデーションがよれてしまい、化粧崩れの原因となってしまいます。


厚い粉がシワの亀裂に入ってしまうので、表情ジワも余計に目立ってしまうのです。
また、メイク前に油分の多い化粧品を使うことも、化粧崩れにつながります。
ですので、ファンデーションはあくまで薄付けにし、メイク前にしっかりと保湿しておくことがシワを目立たなくすることにつながります。

 

そして、ファンデーションを肌にいきなりのせるのではなく、下地となるベースメイクも怠らないことです。
ただ下地もつけすぎると、厚塗りメイクにつながってしまいますので、注意しないといけません。

 

下地もファンデーションも薄めにし、自然な仕上がりを目指します

 

メイクが崩れてきたら、ファンデーションを重ねるのではなく、フェイスパウダーで直します。

 

そして、目尻や口元など、表情ジワが目立ちやすい部分のメイク方法は、ハイライトを使います。
偏光パール色のパウダータイプなら、光を拡散して、肌に自然な輝きと透明感を与えるので、シワが目立ちません。

 

また、目元と口元にポイントメイクを施すことで、シワから視線がそらされます。
マスカラをしっかりつけたり、配色のきれいなアイメイクをしたり、発色の良いリップをつけることで、シワを目立たなくするのです。

 

表情ジワは簡単になくすことはできませんが、メイク方法を見直すことで、自然にカバーできるものなのです。

CCクリームパーフェクトフィットの効果と口コミ・メイク活用法をご紹介

1本6役の万能クリーム。化粧下地、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーション、保湿、肌荒れ防止が一本ですんでしまうので、忙しい朝ピッタリ&化粧の煩わしさから解放!

でも、そんな都合のいい物あったとしてもその効果は?


まずはCCクリームパーフェクトフィットの二つの「CC」に注目。

Control(コントロール)。ハイブリッドナノパウダーの効果で肌の凹凸をコントロールします。半透明のパウダーがシワに入り込んで光を拡散させるので、皮膚の凹凸を目立たなくします。さらにシミやくすみ、色ムラもしっかりカバーするので明るく均一な肌に整えます。

Correction(コレクション)。撥水,撥油パウダーの効果で化粧崩れを防ぎます。CCクリームパーフェクトフィットは汗や皮脂に強いパウダーを使用しているので、長時間美しさをキープします。伸縮ネット皮脂成分配合で、表情の動きにピッタリと密着するので、化粧ヨレも防ぎます。

 

そこでCCクリームパーフェクトフィットの口コミまとめてみました。口コミで多かったものは「シミやくすみをしっかりカバーしてくれるほどのカバー力なのに、厚ぼったくならない」とのこと。そしてベタつきや脂浮きもなく、オールインワンで時短メイクに大助かりのうえ、朝メークしたら夕方までしっかりキープ。美容成分で乾燥せず遅くまでカサカサにならず潤い長続き。と、高評価の口コミが数多く寄せられています。


続いておすすめメイク活用法ご紹介します。

CCクリームの使い方はベースメイクまたは化粧下地として使用する方法と2種類あります。

 

まず化粧下地として使う場合、お肌の調子が良い時は、CCクリームのみでベースを作りそのままチークやアイメイクをすることができます。まずCCクリームを塗りその上にフェイスパウダーを軽くはたきます。ナチュラルメイクをしたい時はこの使い方がぴったりです。


化粧下地として使う場合はしっかりメイクをしたい時にお勧めです。化粧下地として使う場合、まずCCクリームを少量お肌にムラなく馴染ませます。そして塗った上からBBクリームやファンデーションを重ねます。重ねることでよりお肌を美しく見せる事ができます。

敏感肌におすすめのCCクリーム選びのポイント3つと、肌に優しいメイク手順を紹介します!

敏感肌の方は化粧品選びにかなり慎重になるはずです。

肌を大切にしながらもメイクはしっかりしたい!そんな方におすすめのCCクリームをご紹介します。


CCクリームのおすすめポイント一つ目は、表情じわに強いことです。クリームによっては伸縮性がないと表情が変わった時などによれてしまいしわが目立つことがあります。それを解消してくれるのです。

「伸縮ネット皮膜成分」と言う成分が表情の動きをぴたっと密着。化粧のよれを防いでくれます。


おすすめポイント二つ目は、肌の潤いを長時間継続してくることです。

CCクリームには「トリプルスラミド」や「加水分解コラーゲン」と言う保湿成分が含まれています。


最後のおすすめポイント三つ目は、美白を補正してくれることです。CCクリームには皮膚の凹凸に「ハイブリッドナノパウダー」と言う球状の半透明のパウダーが入り込み、滑らかな肌にしてくれます。女性が気になる肌のシミや色ムラもカバーしてくれ、明るく綺麗な肌へと仕上げてくれます。また、「撥水・撥油パウダー」が含まれているため、汗と皮脂に強く化粧崩れを十分に防ぎます。

 


advise1次は敏感肌に優しいメイクをご紹介します

CCクリームには、化粧下地・日焼け止め・コンシーラー・ファンデーション・保湿・肌荒れ防止の効果があり、メイクも簡単にかつナチュラルに行うことができます。


まずはじめに、CCクリームを塗る前に化粧水や美容液・乳液・保湿クリームなどで肌を整えます。

整える程度なので軽くで大丈夫です。顎から額にかけ逆三角形を描き塗ることをおすすめします。その後、スポンジなどで顔を優しくふきとります。

次に、CCクリームを適量手にのせ、頬の中央辺りから外側に抜けるように塗っていきます。

その後は、顎、額、鼻筋から鼻先の順番に塗っていきます。

このTゾーンは外側に向けてではなく、内側に向け塗ることをおすすめします。
仕上げとして、スポンジなどで余分なクリームや脂をふき取ります。


この順番で行うことで敏感肌に優しいメイクをすることができます。CCクリームおすすめです!